スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF2 Pro Guide for the Soldier by appe

prosol

ニックネーム: Dignitas.appe
所属クラン: Team Dignitas
リアルネーム: Erik Karlsson
年齢: 20


ソルジャーの良い点
ヘビー以外の全てのクラスよりもHPが多い。スプラッシュと即着の両方の武器を持っている。
ロケットジャンプを使うことでソルジャー、デモマン時々スカウトしか行けない場所へ行くことが出来る。また、ロケットジャンプはデモマンを除いた他のクラスよりも早い移動を可能にする。
ロケットランチャーは敵の足を狙って撃てば敵を打ち上げることができ、何かしらのクラウドコントロール(群衆整理、敵の数の調節等)も出来る。


ソルジャーの悪い点
ヘビーを除いたどのクラスよりも遅い。ロケットを4発しか装填できず、リロードも遅い。ソルジャーの性能を最大限に引き出そうとするのであれば、メディックに依存することになる。


6vs6における主な役割
・スカウトと常に情報をやりとりしなければならない。開幕の3CPではスカウトからの"どこにスカウトが居るのか"、"どこから敵が来るのか"という情報に従って動く。

・CPを攻めているとき、ソルジャーは一番最初に突入してスカウトが敵の背後を取っている間、敵を引きつけるべきである。

・ソルジャーは"ポケットソルジャー"と呼ばれることがある。味方のメディックを倒そうとするスカウトや他のプレイヤーからメディックを守ることがソルジャーの仕事である。メディックとソルジャーの組み合わせはこのゲームで最も恐ろしいものである。チームがこの組み合わせをメディックとソルジャーの明確な指示とともに最大限に利用すれば、ほとんどの試合に勝つことが出来る。また、ポケットソルジャーは自分以外のチームメイトが同じ敵を狙えるように、自分が攻撃している敵を逐一報告するべきである。

・あなたのチームにポケットソルジャーがいれば、もう片方のソルジャーはより自由に行動することが可能となる。ポケットソルジャーではないソルジャーは、ほとんどの場面でソルジャーとメディックの組み合わせとして行動するが、チームメンバーが助けを求めれば真っ先に駆けつけるのが彼なのである。こちらのソルジャーはオーバーヒールが無いまま生存し続けなければならず、もう一度ロケットジャンプを利用して何かをする時に、クイックブーストを受けるためにメディックのところへ戻ってくる。


クラス別対処法

スカウト:
このゲームで一番足の速いクラスであるスカウトに、直撃を当てるのは困難である。なのでスカウトの足を狙い、スプラッシュダメージで出来るだけ多くのダメージを与えるようにする。3,4発のロケットを当てたのであれば、ショットガンを取り出してトドメを指す。

スカウトのダブルジャンプを追従し続けるように。そしてダブルジャンプをしたスカウトが着地する場所を撃つ。それでもまだスカウトがダブルジャンプをするのであれば、ロケットを打ち込む場所を予測するのは難しいものになる。

スカウトが裏を取ってきて1発直撃をもらった場合は、素早く振り向いてジャンプしながら地面を撃つ。これによって、スカウトに大きなダメージを与えることが期待でき、空を飛んで逃げている間はスカウトの攻撃から開放され、スカウトを撃ち下ろすことが出来る。しかしながらスカウトに完全に裏を取られたのであれば、勝ち目はないだろう。だが周囲を見回し、チームメイトとコミュニケーションを取ることでこういった事態は回避出来る。


スナイパー:
遠距離からスナイパーに狙われている場合、スナイパーの射線から出る前に平行移動しつつロケットを数初打ち込もう。そしてスナイパーが視認出来ないルートを探し、スナイパーに向かってロケットジャンプをし、空中でも平行移動を行い(スナイパーが空中でもヘッドショットを決めてくるようなら、そいつは腕の良いスナイパーだという心構えをしておこう。)、スナイパーを上から打ち下ろすのだ。
スナイパーはそれほど体力も多くないのですぐに倒すことが出来るだろう。


ソルジャー:
敵のソルジャーと交戦を始める前にメディックをオーバーヒールをしてもらおう。敵のソルジャーが最大までオーバーヒールをもらってないと分かっているのであれば、何の障害も無く倒すことが出来るだろう。敵のソルジャーが、granaryのコンテナの上やbadlandsの4CPの上のような自分よりも高い場所にいるのであれば、平行移動しながらのロケットジャンプをして空中から敵を撃ち下ろそう。

もしメディックと居る時に敵のソルジャー+メディックの組み合わせに遭遇したときは、ソルジャーに出来る限りの直撃を当てることを試みよう。地面を撃ってスプラッシュダメージを狙っていくことは、メディックにヒールされ続けている敵に効果的ではない。

自分のAimingに自身があるのであれば、直撃を狙っていくべきである。ロケットが3発必要なヘビー以外の、オーバーヒールをされていないクラスであればロケットを2発直撃させるだけで事足りるだろう。しかし、やりすぎないように。時として、直撃を狙って全ての弾を外すよりは、スプラッシュダメージを狙った方が良い場合がある。


メディック:
考えていたよりも敵のメディックを倒すことが難しいと感じることが稀にある。これは、メディックを倒さなければいけないというプレッシャーを受けるからである。
冷静に、注意深くロケットとショットガンで狙いを付ければメディックは2発のロケットか3,4発のショットガンで倒すことが出来る。敵のメディックは回避と注射銃を撃つのが精一杯であろう。メディックがユーバーそうで切り付けようとした場合、メディックの足元を撃って空中に浮かせてやれば、メディックはこれ以上切りつけることに出来ず、故にユーバーチャージを貯めることも出来ない。

敵のメディックが誰かにユーバーを使っているのであれば、彼らの足元を狙ってノックバックさせるか空中に打ち上げてやるのが良い。また、出来るのであればユーバー中のどちらかの足元を狙ってメディックと別々にさえると良いだろう。敵にメディックがこちらのメディックよりも早くユーバーを使った時は、自分と敵のユーバーの時間差を見極めて、メディックを追いかけよう。敵のメディックが逃げる前に、素早く2発のロケットでメディックを倒そう。


ヘビー:
ミニガンを回してない時に交戦に入るように。これが出来れば、ミニガンを打ち始める前に3,4発のロケットを打ち込むことで倒せるだろう。ヘビーがミニガンを回しながらメディックと一緒に居る場合は一人のソルジャーが対処することは出来ない。味方の援護を待ち、助けに来てくれた仲間と火力を集中すること。ヘビーがミニガンを回している間は信じられないほど足が遅くなるので、直撃を狙うことは難しくない。直撃をさせれば少なくとも100ほどのダメージを与えることが出来るだろう。

ヘビーに狙われている時にロケットジャンプはしないように。空中で弾を打ち込まれ、落下ダメージで死亡する。


パイロ:
まず、火炎放射器とバックバーナーのどちらを持っているのかを見極める必要がある。もしバックバーナーを持っているのであればパイロの足元を撃って空中に飛ばし、何も出来ないパイロを笑ってやろう。

しかしパイロが火炎放射器を使っているのであれば話は別である。無警戒にロケットランチャーを撃ち込めば、そのロケットはあなたの元へ戻ってくることになる。圧縮ブラストは再使用までに多少の時間がかかるので、パイロが圧縮ブラストを使った後にロケットを打ち込むと良いだろう。これで、パイロが跳ね返そうと思ったロケットが一発彼に当たる。たまに、ロケットの発射間隔を把握し、最速のタイミングでロケットを撃ってくると予測して、即座に圧縮ブラストを使うパイロがいる。これを利用して、パイロが圧縮ブラストを使った後すぐに2発目のロケットを撃ちこむのだ。パイロが賢く、ロケットを待ち構えているようであれば、ショットガンに持ち替えてパイロに突撃を掛けると良い。パイロが火を撒き散らし始めたら、ロケットを顔面に叩き込んでやろう。ショットガンでダメージを与えているので、ロケットは1発で十分だろう。


エンジニアとセントリーガン:
セントリーガンの射程外からロケットをスパムしよう。セントリーガンが賢い位置に建っていて壊すことが出来なければ、後ろでカンカンしているエンジニアを倒すことが出来る場所を探す。セントリーガンを撃っている最中にエンジニアが修理をしにやってきたら、セントリーガンの下の地面を狙って、セントリーガンの前にエンジニアを始末してしまおう。エンジニアがセントリーガンとディスペンサーを併せて建てていたら、ディスペンサーから壊してヘルスとメタルを回復できないようにしてしまおう。


デモマン:
ああ・・・デモマンか・・・。ソルジャーは、プレイヤーがどれかのクラスを極め始めたときからデモマンには泣き寝入りしか出来ない。しかし、デモマンと戦うときには気に留めておくべきことがいくつかある。

中・遠距離では大体の場合、デモマンに制圧されてしまう。デモマンは自分の射程圏よりも内側に入られることを嫌うので、出来るだけ距離を縮めると良いだろう。

デモマンは即着武器を持っておらず、スプラッシュダメージに依存していることを意識しよう。ひらけた場所でデモマンと戦うときには、出来る限り粘着爆弾を避けよう。どの方向に移動しても、デモマンはそこに粘着爆弾を落としてくるだろう。粘着爆弾で囲まれた時が、デモマンに向かってロケットジャンプをするタイミングである。粘着爆弾を回避している間に十分なダメージを与えていれば、ロケット1発かショットガン数発でデモマンを倒すことが出来る。

デモマンよりも優位に立とうと思うのであれば、ロケットジャンプを試みよう。デモマンに対してロケットジャンプをすれば、粘着爆弾を空中で起爆させ、グレネードランチャーに持ち変えさせることが出来る。
空中で平行移動をすると同時に撃ち下ろせばデモマンを倒すこともできるだろう。

デモマンがどれだけの弾を残しているかを考えよう。8個の粘着爆弾と4個のグレネードをフルで持っているデモマンに対してロケットジャンプをすると、デモマンがあなたに弾を撃ちつくすまでに2,3発のロケットを撃つことしか出来なくなる。どのクラスと戦っているときでも言えることだが、特にデモマンと戦うときはリロードを忘れないように。


Tips
・ソルジャーは自分にピッタリくるマウス感度(センシ)を探すべきである。私のようにハイセンシであれば、フリックロケットジャンプ(高速で振り向いてのロケットジャンプ)をしやすい。ローセンシにこだわるのなら、長距離でのピンポイント射撃は正確なものになる。低いセンシから調節を始め、簡単にロケットジャンプを出来る範囲に収める。もしくは高いセンシから、ショットガンでAimが出来るようなセンシにする。ここで重要なことは、何の苦労もなく180度を振り向けるセンシにすることである。

どんなときでもリロードを忘れないように。ショットガンを1発撃った後にロケットランチャーに持ち替えたとしても、もう一度ショットガンにしてリロードをしよう。

ショットガンのことを意識するようにし、有効利用するように。

エアショットに100%の自信が無い場合、重要な試合では"妄想エアショット"をしないように。敵があなたの方に飛んできてエアショットをすることが出来ないと感じたら、ctf_bball(バスケマップ)のように処理するだけでよい。つまり自分がロケットジャンプすれば、敵ではなく自分が飛んでいる状態になれるのである。


これが全てだ。dignitasのappeを応援よろしく!
-----------------------------------------------------------------------------
the original text:
TFPortal - Pro Soldier Guide
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

プロフィール

nightPanda

Author:nightPanda
当ブログはソルジャーを応援しています。

Nick:nightPanda, pNd
Clan:none

negitaku
Twitter(無更新)


日本標準時 JST


ヨーロッパ中央夏時間 CEST 
(ETF2Lの規定時間)


グリニッジ標準時間 GMT 
(BST:英国夏時間はこれ+1時間)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。