スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF2 Pro Guide for the Demoman by psy

prodemo

ニックネーム: psy
所属クラン: Diamandz
リアルネーム: Matthias
年齢: 23

デモマンの良い点
TF2のデモマンは、十分にヒールをもらい適切なスピードで進めば、最も大きいダメージを与えられるクラスである。
粘着爆弾はピンポイントでも広範囲でもダメージを与えることができ、起爆するタイミングをコントロール出来る点は大きなアドバンテージになる。
粘着爆弾は主に戦術的に有用な(バレにくく敵が必ず通るような)場所に隠して、必要に応じて起爆する使い方となる。
クラン戦に参加しているほぼ全てのプレイヤーが粘着キャンプする場所のほとんどを知っているので、デモマンをやるのであれば粘着を隠せる新しい場所を探さなければならない。その際、壁と天井以外の様々なエンティティ(オブジェクト)を考慮に入れるべきである。(たとえば、granaryの2/4CPのヘルスパックの真上では粘着爆弾はほとんど見えなくなる。)

広範囲での攻撃を語るときは、野鯖にいる普通のデモマンと良いデモマンの差についてよくある誤解について話したい。
粘着爆弾は1vs1の局面で役に立つばかりでなく、広範囲の巻き込みを狙った攻撃にもかなりの威力を持っている。
デモマンは練習をつめば、攻撃を意図した正確な射撃と少しのリスクで敵のチーム全員を倒すことが出来る。
キーワードは"粘着連鎖"(Sticky-sequence)だ。
この方法のタネは、一つ目の粘着の起爆を遅らせることにある。
一つ目の粘着を発射し、2つ目の粘着を打ち出す直前に一つ目の粘着を起爆する。
その後はひたすら交互に撃つ。撃つ、起爆、撃つ、起爆・・・。

ここで口にするだけでは習得できないので、何においてもやってみることだ。
そうすれば敵は手も足も出ず、あなたは粘着爆弾とともにバラバラになった敵を踏みつけていくことになる。他にデモマンのアドバンテージを挙げるとすれば、粘着爆弾によるジャンプだろう。粘着ジャンプを使えば、ほとんどのマップでスカウトよりも早く中央CPに到達することが出来る。


デモマンの悪い点
即着武器を持っていない。射撃武器はどれも弧を描いて飛んでいくので、高いレベルの予測技術が要求される。
粘着爆弾は中距離から遠距離においては必殺武器であるが、敵が一直線に向かってきた場合は即座にグレネードに持ち替えなければならない。大体2発のグレネードで大抵の敵を片付けることが出来るが、良い動きをするスカウトと対峙した場合は非常に当てるのが難しくなる。一つ言える事は
、デモマンは至近距離ではなすすべが無いということだ。


6vs6における主な役割
ほぼ全てのマップにおける開幕での重要なことと言えば、"速さ"である。前線に最初に到着すれば、敵が通る重要な場所に粘着を撒くことができる。ここから、デモマンの役割は変化する。
敵チームにプレッシャーを与え、スパムをし、敵の裏にグレネードジャンプで回りこみ(badlandsで敵がヤードから3CPを見ているときの3CPから4CPへのジャンプのように。)、粘着爆弾を重要な道に置いたり、CPを取るために撒いたりする。
これら全てをきちんと書いていくと長ったらしい文章になるので、ここでは短く書いておこうと思う。

大抵の記述とは逆に、デモマンは積極的かつ攻撃的にプレイできるクラスです。
しかし、ありとあらゆる1vs1の場面で何も考えずにジャンプをしたり、頻繁に敵チーム全員を葬り去ろうとしてはいけない。
至近距離というデモマンの弱点について考え、攻撃(と退却)は注意を持って行うように。


クラス別対処法
スカウト:
スカウトはデモマンが苦手とするクラスである。特に至近距離ではデモマンはほとんど無力化されてしまう。
味方のスカウトと一緒に居れば、逆に近距離で敵より優位に立てる。なので、決して敵のスカウトの方に近寄らないようにし、敵の通路を妨害するように曲がり角のような良い場所に粘着爆弾を置いたり、グレネードでの直撃を狙っていくと良い。

ソルジャー:
私の個人的な意見では、倒しやすい敵である。長・中距離では好きな場所に置けて、好きなタイミングで起爆できる粘着爆弾を使うことでアドバンテージを得られる。また、長距離では驚くほど簡単にロケットを回避できる。至近距離では、移動速度が遅いソルジャーはグレネードの的である。

メディック:
KILL HIM! =)

ヘビー:
ギリギリの戦いになるか、ミニガンを避けつつ戦えばヘビーが的になる。
粘着爆弾とグレネードでカウンターを狙えば、ヘビーの移動速度は遅いのですぐに倒せるだろう。.

パイロ:
ソルジャーに似ているが、圧縮ブラストには気をつけるように。パイロが圧縮ブラストを使えなくなるまで、打ち続けるのを薦める。パイロ自体は普通の速度なので、グレネードで撃てば早々に死ぬだろう。

エンジニアとセントリーガン
3個の粘着爆弾があればレベル3セントリーガンも粉々さ :>

デモマン:
全てが五分五分である。他のデモマンにやられて嫌だったことをやる。
敵の武器を見て、スティッキーを多用するようであればグレネードのAimが弱いので、至近距離を取りに行く。そうすれば、粘着爆弾を使用することが出来なくなる。もちろん逆の場合もある。

Tips
書きたいことのほとんどは上で書いた。
言いたいことをもう一度言わせてもらうと、デモマンが"ディフェンス"のグループに入っているのは茶番である。デモマンは非常に多能で火力もある。ラウンド開始時のスピードもあり、試合を決定付ける位置づけに居る。良い場所に粘着爆弾を撒くことで敵を撤退させることも出来る。こういうことならいくらでも掛けるが、短くでいうのであれば、自信を持って攻撃的かつ知的に。

チーム全体を恐怖に陥れないためにもチームメンバーのことを忘れずに、スカウトに目を光らせるように!

-----------------------------------------------------------------------------
the original text:
TFPortal - Pro Demo Guide
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

プロフィール

nightPanda

Author:nightPanda
当ブログはソルジャーを応援しています。

Nick:nightPanda, pNd
Clan:none

negitaku
Twitter(無更新)


日本標準時 JST


ヨーロッパ中央夏時間 CEST 
(ETF2Lの規定時間)


グリニッジ標準時間 GMT 
(BST:英国夏時間はこれ+1時間)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。