スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETF2L Nations' Cup #2

ncup

すでにご存知の方も多いと思いますが、ETF2LによるNations Cupが開催されます。
このCompetitionではヨーロッパにある国々が代表メンバーを選出し、クラン戦のルールに則って競い合います。

試合日程
グループフェイズ開始:9/1
グループフェイズ終了:10/1
プレーオフフェイズ:10/2

試合方式
グループステージでは参加チームが5チームごとにAからDの4つのグループに分けられ、従来のルール通りに得点を付けていく。(総当り戦で1戦2マップ。勝:3点 負:0点 引分:1点)
各グループの上位2位がプレーオフトーナメントへ進出。
以下プレーオフトーナメントの組み合わせ方。9/5修正

1回戦 #1: Aグループ 1位 vs. Fグループ 2位
1回戦 #2: Gグループ 1位 vs. Cグループ 2位
1回戦 #3: Dグループ 1位 vs. Eグループ 2位
1回戦 #4: Hグループ 1位 vs. Bグループ 2位
1回戦 #5: Fグループ 1位 vs. Aグループ 2位
1回戦 #6: Cグループ 1位 vs. Gグループ 2位
1回戦 #7: Eグループ 1位 vs. Dグループ 2位
1回戦 #8: Bグループ 1位 vs. Hグループ 2位
準々決勝 #1: 1回戦 #1 勝者 vs. 1回戦 #2 勝者
準々決勝 #2: 1回戦 #3 勝者 vs. 1回戦 #4 勝者
準々決勝 #3: 1回戦 #5 勝者 vs. 1回戦 #6 勝者
準々決勝 #4: 1回戦 #7 勝者 vs. 1回戦 #8 勝者
準決勝 #1: 準々決勝 #1 勝者 vs. 準々決勝 #2 勝者
準決勝 #2: 準々決勝 #3 勝者 vs. 準々決勝 #4 勝者
3位決定戦: 準決勝 #1 敗者 vs. 準決勝 #2 敗者
決勝戦: 準決勝 #1 勝者 vs. 準決勝 #2 勝者

準々決勝、準決勝、3位決定戦では"Best-Of-3(2本先取)"、決勝戦では"Best-Of-5(3本先取)"の方式を取る。
通常の試合時間を終了しても引き分けだった場合は1本先取のゴールデンカップ/フラッグを行う。

参加チーム
参加表明をしているナショナルチームはフィンランドやスウェーデンといった強豪国をはじめとして、カザフスタンのようなヨーロッパだったの!?と驚く国まで全30チームが現在参加表明をしています。
リストは⇒ URL
私見ではありますが、注目チームを以下に簡単にまとめてみます。

fi2 フィンランド
去年開催されたETF2L Nations' Cup #1での優勝チーム。
Crack ClanのメインメンバーであるMoose、kyynel、Jamboなどに加えて、DignitasのAgronやDarnもいる。ヨーロッパ勢のドリームチームと言っても過言ではなく、層の厚さでは頭一つ抜けているまさに優勝候補。
不安要素は4人居るccメンバーに対し、試合に所属チームが同じメンバーを3人までしか出せないルールがある点か。どのような人選をしてくるのかにも注目すべし。

bel ベルギー
ETF2L Nations' Cup #1で上記のフィンランドに敗れ惜しくも2位となった。
vale!(元YoYoTech)のskinnie、Arnold、Springerなどが参加しているが、ぶっちゃけvale!のメンバー以外は見たことが無い名前なのでDiv3以下の人だと思われる。
メンバー数をみても7人と少な目なので高Divプレイヤーはもちろん、低Divプレイヤーの人がどこまで頑張れるかが鍵。
skinnieが居るので個人的に頑張って欲しいチーム。

sweden スウェーデン
Dinitasのappe、bybben、rybやETF2L今シーズン2位を飾ったTeamCoolerMaster(以下TCM)のsommie、weqoを筆頭にチームの8人中7人がDiv1クランのメンバーというスウェーデンの名に恥じぬ精鋭チーム。
前回大会ではプレーオフステージの準決勝でフィンランドに敗れているがその実力は十分。今回もグループステージは簡単に勝ちあがってくると思われる。間違いなくフィンランドの対抗となるだろう。

england イングランド
前回大会ではウェールズと併せてUnited Kingdomで出場していたと思われる。UKは準決勝でベルギーに敗れている。
vale!のboomeh、byteの他にTCMのduncとEvilや当Blogがお世話になっているScoutblog筆者のnub on a mission(imperial所属)、idk?のメンバーなどフィンランドほどで無いにせよ層は厚い。
気になるのは前回大会のUKの時に参加していたDignitasのappeやTCMの他のメンバーが居ないことであるが、試合に出てくるメンバーによっては優勝も狙えるかもしれない。

補足事項
クラス構成等の細かなルールはETF2Lのルールに順ずる。
この大会を含むETF2Lの武器制限はETF2L公式サイトでの投票により決定。
結果は以下の通り。
・使用禁止
 Huntsman
 Jarate
 Dead Ringer

・1本制限
 Force-A-Nature

・制限なし
 Razorback
 Ambassador
 Cloak and Dagger

シーズンオフになって移籍や引退が頻繁に起こっているため実情を把握しきれず、ETF2Lの情報を元にしています。
そちらの情報が最新であるとは言いがたいため実際には異なる場合があります。

-----------------------------------------------------------------------------
quote from:
ETF2L
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

プロフィール

nightPanda

Author:nightPanda
当ブログはソルジャーを応援しています。

Nick:nightPanda, pNd
Clan:none

negitaku
Twitter(無更新)


日本標準時 JST


ヨーロッパ中央夏時間 CEST 
(ETF2Lの規定時間)


グリニッジ標準時間 GMT 
(BST:英国夏時間はこれ+1時間)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。