スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調子

あんまり少人数でガチでやるテンションではなかったので300yenに突撃。
スナイポでちょろっと遊んで落ちるつもりだったんだけど、某ちゃんねるで有名な上手い方が居たので長居。
demoとsniperを使っていたようで、どちらも非常に上手かった。
sniperは単純に位置取りとAIMの正確さ・速度が神がかっていることで理解できたけど、demomanの上手さは何だろうか。
粘着でのプレッシャーのかけ方が他のdemomanよりも効果的なように感じるし、近づかれた場合の対処もうまい。
具体的には手前に粘着を落としつつの後退、切迫した場合のグレ直撃の上手さは言わずとも。
それに加えて粘着ジャンプで意識して無いところに飛んでくるもんだから対処できない。
ある上位クランのデモマンの方とプレイしたことがあったけど
彼はこっちの移動先に正確に粘着を落としてきてどうしようもない内に殺される感じだった。
上手さにもいろんなベクトルがあるもんだ・・・。

話はそれるけど、粘着爆弾自体はCP取ったりとかで他のことに集中してると意識の外に出ちゃうぐらいの大きさなんで、チョロチョロ放り込まれると結構死ぬ。
あれは気を付けないとこれからも殺され続ける気がしてならない。


話は変わって。
どうやら先日の紅白戦イベントのdemoがTeamFortress2 Japan コミュニティー活性化プロジェクトさんの方にアップされたみたい。
一応全部見たけど、12vs12が一番ワイワイしてた。
なんかVCの多い野鯖って感じ。
報告なんかもちゃんと飛んでるし、みんな結構マイク持ってるじゃん!
野鯖でももっと使っていけば良いのに、と思った。
6vs6はやっぱり一人の死の持つ影響力が強いので緊張した感じ、9vs9がその中間で楽しそうでしたね。
人数が多くなると、予測の誤差が増えて戦術を大枠でしか立てることが出来ないっていうのもあの人数ごとの雰囲気を生み出した原因かも。
まあ、野鯖でももっとVC使いましょうってことで!結論は意味不明の方向に着陸。

隔週開催ということで次のイベントにもちょっと参加できないんですけど、またdemoが上がると僕としてはうれしいなぁ。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

プロフィール

nightPanda

Author:nightPanda
当ブログはソルジャーを応援しています。

Nick:nightPanda, pNd
Clan:none

negitaku
Twitter(無更新)


日本標準時 JST


ヨーロッパ中央夏時間 CEST 
(ETF2Lの規定時間)


グリニッジ標準時間 GMT 
(BST:英国夏時間はこれ+1時間)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。