スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えいむ(笑)

ビョーンビョーン。
意味は無いです。

先日プロ配信を見てAimingに注目して見ていたところ、敵が動いた方向にススッとAimを追従させて撃っているのが素晴らしいなと感じた次第でございます。
CSのせいか自分のせいかは分からないけど、ピュッと投げる感じでAimingしちゃうのが自分の悪い癖だなと改めて認識しました。
CSに比べてTF2のスカウトやメディックは動きが早いので、こちらも敵の弾を食らわないように動いてると相対的な速度がエラいことになっちゃってるわけですよね。特に至近だと。
そうなると自分の短期的な敵の位置予測が当たることがあんまり無いと。

このことにブランクを入れてFPS暦6年ほどにしてようやく気づいたわけであります。
そして鍛錬しようとわっそうでこの画期的なAim方法を取り入れようとしたところBOTにボコボコにされました。
世間はいつだって冷たいのです。

<< 帰省
| TOP |
スカウト >>

コメント

こんにちは。

nightPandaさんの言う「ピュっと投げる感じのAIM」とはマウスを動かした時点で撃ちたい場所が既に決まっているということでしょうか。
だとすれば、少なくともTF2で見かけるいわゆる「AIMが良い人」のほとんどがそういうスタイルではないでしょうか。

たとえば、「照準を合せて当てる」という動作だけを抜き出せば

1 視界内に入った目標を認識するまでの速度(反射神経)
2 目標の挙動を捉え続ける動体視力
3 撃つべき場所を決める速さ(反射神経 判断力)
4 思い通りの場所を射抜くマウス捌き

最近、AIMはこの4つでワンセットなんじゃないかと今更ながら思っています。
そして、上手い人ほど上の4項目がきちんと実践できていて、その上でより反射神経などが優れた人がプロの中でも勝てるような人なんじゃないかと思っています。

逆に、AIMが苦手だという人はマウスをなんとなく動かしただけで狙った気になっていたり、マウス捌きが不正確だったりと、ようは先に挙げた4つのプロセスが出来ていないからなのかなぁと。

bobさんこんにちは!

なるほど、その4つの内どれか1つでも出来ていないとAimが不正確になっちゃうわけですね。
漠然とAimというものを感覚で捉えていたので何が足りないかということまで自分の考えが及んでませんでした。
bobさんのコメントを元にちょっと自分のAimingを考えてみようと思います。
参考になるコメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

プロフィール

nightPanda

Author:nightPanda
当ブログはソルジャーを応援しています。

Nick:nightPanda, pNd
Clan:none

negitaku
Twitter(無更新)


日本標準時 JST


ヨーロッパ中央夏時間 CEST 
(ETF2Lの規定時間)


グリニッジ標準時間 GMT 
(BST:英国夏時間はこれ+1時間)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。