スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Beginner's Guide to Competitive TF2 1/4

Alex "waar" GodunovがMichael "Auraphex" IannuzziとKevin "whizzlur" Sohlの協力を得て、TF2クラン戦の基礎を解明してくれます。

beginner_comp

GotFrag - このガイドはクラン戦を経験したことの無いTF2プレイヤーや競技としてのクラン戦に本格的に参加することを決めたコミュ二ティ・チームのために書かれたものです。

高度な戦術や個々のマップに対応した具体的な戦術はこのガイドでは紹介せず、ゲームにおける一般的な解釈について紹介していきます。新しいプレイヤーとチームが彼らの手によってそれを発展させていけるような、クラン戦の基礎を築くことを目標とします。
新しくTF2を始めたプレイヤーが掲示板で良く質問するようなことを元に書かれているので、FAQとして使うこともできます。


Basic Logistics - 事前準備 -

この項目はほとんど必要ないように思いがちですが、私は新しいプレイヤーへクラン戦を紹介するにあたって出来るだけ広い範囲を取り扱いたいのです。そして、ここで書くことがどれほど当たり前のことであっても省くことはしたくないと思います。

まず、ゲーム外でのVoiceChatツールとしてVentriloをダウンロードなければならないでしょう。そして、どこでも良いのでVoiceChatするためのチャンネルを得ましょう。もし、あなたに友人がおらず、まだVentriloサーバーのためにお金をかけたくないのであればIRCで誰かに聞いてみてください。誰かがあなたを助けてくれるでしょう。

次に、IRCクライアントを手に入れなければなりません。
Googleで"IRC client"と検索すると様々な結果を得られるでしょうが、mIRCがベストです。
GameSurgeサーバー(irc.gamesurge.net)に接続し、クランを探すために #tf2scrim チャンネルに繋ぎます。#tf2.gather.us チャンネルは混合(紅白)戦のためにあります。また、ESEAのウェブサイトでも混合(紅白)戦をすることが出来ます。

リーグ戦をしたいのであれば、CEVOEASAに登録しましょう。ビギナーリーグに参加しろと言う人もいるでしょうが、私はそのような考えには賛同できません。CEVOとESEAはどちらも多くの新設チームの要るオープンリーグです。あなたより上手い人が誰も居ないリーグで満足しないようにしましょう。
もっと手軽なリーグに参加するのであればTWLCALSTAGameBattles TF2 Ladder Arenaがあります。

最後となりますが、demoを見ましょう。他の人がどのようにプレイしているのか見ることは、個々の局地的な戦略と全体的な戦略の両方で大いに役に立つでしょう。


追記:ヨーロッパのTF2の現場では、試合の日程やIRCのサーバーとチャンネルは異なっても基本理論は同じです。ヨーロッパではVCツールとしてMumbleが好んで用いられ、主なIRCサーバーとしてQuakeNet(irc.quakenet.org)が用いられます。人が多く居るチャンネルは#etf2lで、クラン戦は#tf.wars、混合(紅白)戦は#mpuktf2.pickupで行われています。

ヨーロッパのTF2シーン(現場)は人口が多く、リーグの分野も多岐に渡るためアメリカよりも少し活気があります。受賞条件やチームのクラスなどによるが、いわゆるトップレベルにはEuropean TF2 League (ETF2L)、Enemy DownUKeSAESLが挙げられます。また、SGLWirePlayにはリーグとトーナメントがあり、TWL、STA、CALといった少しレベルの低いリーグもあります。Cadred.orgETF2Lのようなところでこれらのdemoを見つけることができます。


Classes & Maps - クラス構成とマップ選択 -

良くある6vs6でのクラス構成はスカウトx2、ソルジャーx2、メディックx1、デモマンx1です。ほとんどの人々がこの中から専門で使うクラスを選び、練習します。

マップはプッシュマップ( push map:5CPマップ)が選ばれます。もっともポピュラーなものはGranaryとBadlandsの二つです。WellとFastlaneそして低い頻度でFreightもリーグで選ばれます。Gravelpitはリーグ戦で選ばれるただ一つのA/Dマップ(attack/defend map:攻守が決まっているマップ)です。ダストボウルは事実上、段階的に廃止されました。Bromaという新しいマップが取り上げられ始めていますが、大半の人々はいまだにプレイしたことがなく、CEVOが何かしらアクションを起こしてその流れを変えるまではそのままでしょう。CTF(Caputure The Flag:キャプチャー・ザ・フラッグ)とPayloadマップは全くプレイされていません。

追記:ヨーロッパではctf_turbineも良く選ばれています。


Japanese TF2 Scene - 日本のTF2シーン -

ブログの持ち主、nightPandaが勝手に日本でのTF2シーンを紹介しておきます。
ここから下の文章は原文には存在しません。

日本で用いられるVCクライアントはこの記事で紹介されたVentriloとMumbleの両方です。これはクランによって異なります。In Game(ゲームに元から有る)のVCを使わない理由は音質と遅延が酷いからです。
IRCクライアントはLimechat辺りがベターでしょうか。IRCサーバーはいわゆるfriend系(irc.friend-chat.jp)が良く用いられます。多くの人が常駐しクラン戦が行われているチャンネルが#TF2です。混合(紅白)戦は#TF2kouhakuで行われています。

また、クランに興味がある場合は、TF2Wikiを参照した後にそのクランのIRCチャンネルを訪れてみましょう。試合の見学、体験入団などを行っているクランもあります。

日本ではリーグ戦は行われておらずFJTF2zi-gamesで散発的にトーナメントが行われています。
リーグ戦が行われていないことからも推察出来る通り、競技としてのTF2の規模が小さいです。
クランの数も10を割るほどの数で、それ故に日程の都合等からリーグ戦を行えないという事実もあります。(ETF2Lは今行われているリーグ戦のSeason5参加チームだけで250チーム!)

クラス構成はこの記事と同じです。マップによってはヘビーが入ったりしますがこの辺りは戦略の域ですね。

良く選ばれるマップはWellとGranaryの二つがダントツで、最近ようやくBadlandsも選ばれるようになってきたという感じでしょうか。Fastlaneや海外では割と使われるGravelpitは日本ではクラン戦をするマップとしてはまだ浸透していません。ctf_turbineは大会で選ばれたマップで無い限り練習することさえないでしょう。Payloadマップやturbine以外のCTFマップは海外同様一切プレイされていません。

----------------------------------------------------------------------------------------
GotFragに掲載された、A Beginner's Guide to Competitive(クラン戦のための初心者ガイド)の和訳記事の1ページ目+駄文です。
原文も4ページに渡る長文ですので、一度に翻訳・掲載することは厳しいかなぁと思って分けての投稿です。


日本のTF2に関する個人的な感想ですが、日本のTF2クランはもう少し増えても良いと思うんですよね。
週末になればクラン戦の時間帯でクラン員が野鯖に居なくても、5,6個のサーバー埋まるほどの人(1鯖24人で計算すると120人強)がいるわけで何とかすればクラン人口増えるんじゃないかと。

恐らく自分から入るのが怖い、でも誘われたら入っちゃうって感じの、クラン戦に興味を持ってる人は割りと多い気がするんですよね。
自分がそうだったから。

なので、SourceTVを公開して試合をいつでも見れるようにする(ついでに何かしらの方法で告知する)とか、それに付随してdemoファイルの一部公開とか、紅白戦(あるいは助っ人)にクランと全く関係ないフレンドを呼んでみるとか、思い切ってクランで2軍を作って人を誘いまくってとりあえずクラン戦に触れさせてみるとか色々あると思うんですよ。
コミュニティあってのクラン戦なんでこの辺大切にしていかないと、将来的に内輪でごにょごにょクランの編成変えてるだけのゲームになりそうで怖い。

後、新興クランが消えていくのって強い古参クランにボコられて萎えて止めるってのが結構多い気がする。というのも、残ってるクランが強いのは勝てるクランが勝てるクランと試合してさらに経験を重ねてるからで、新興クランにとってはかなり厳しい悪循環。これの解決にも2軍ってのは良いと思う。新興クランに対しては2軍で勝ちを経験させてあげられるし、2軍の人たちにはたまに1軍に参加してもらって勝ちを味わってもらえる。クランとしては2軍から傑出した人が出てくれればウマい。

情報を身内だけで共有するような閉鎖的なことはやめてどんどん表に出していこう\(^o^)/
ただ、しばらくは(効果が薄くなるまでは)おいしい情報で飯ウマしても良いとは思う。

色々被ったり破綻した酷い文章ですが、ここまで妄想でした。fin.


from:
GotFrag eSports - A Beginner's Guide to Competitive TF2 1/4
http://www.gotfrag.com/tf2/story/43759/
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

プロフィール

nightPanda

Author:nightPanda
当ブログはソルジャーを応援しています。

Nick:nightPanda, pNd
Clan:none

negitaku
Twitter(無更新)


日本標準時 JST


ヨーロッパ中央夏時間 CEST 
(ETF2Lの規定時間)


グリニッジ標準時間 GMT 
(BST:英国夏時間はこれ+1時間)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。